フロアコーティングの種類を知る

###Site Name###

日本の家屋も現在では洋風化が進み、床は畳よりもフローリングが選ばれる時代となっています。

床は新品のときはきれいですが、使い続けるうちに汚れや傷み、傷などが目立ってきます。


そして張り替えるとなると費用も手間も必要ですので、きれいな床を長く保つことができる工夫も必要です。

千葉のフロアコーティングに対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

新築のときにフロアコーティングを行っておけば汚れや傷から床を守ることができ、ワックス掛けの手間もなく、お手入れもとても楽に行えるようになります。

そしてフロアコーティングも一種類だけではなく実に多くの種類があり、仕上がりも耐用年数にも差が出てきます。

それゆえに適当に決めてしまうのではなく長く使っていくためにもできるだけ良いコーティング剤を選んでおきたいところです。フロアコーティングにも多くの種類があり、アクリル系はいわゆるワックスとなりますが、安価でできるものの、耐用年数は長くありません。
ウレタンコーティングは摩擦に強く水溶性なので施工中のにおいが少なくなっています。
つやは控えめで密着度はやや控えめです。

NAVERまとめはとても人気があり、興味深いです。

ガラスコーティングは硬度が高く耐水性や耐洗剤性に優れていますが、やや滑りやすくなっています。


シリコンコーティングは基本的な性能が高く、キッチンなどにもよく利用されています。さらにUVコーティングの場合は見た目も美しく安全性も高く、耐用年数も長くなりますが、そのかわり高価になる傾向があります。



それぞれの特徴をよく理解して最適なコーティング剤を選んでいきましょう。