フロアコーティングを依頼する際の注意点

###Site Name###

賃貸物件や中古住宅などを購入し、フロアコーティングをする場合には、注意が必要な場合があります。

まず、何重にもわたってワックスが塗り重ねられている場合です。

ワックスが重ねられているところにフロアコーティングをするとなると、一度ワックスを取り除くという作業を行う必要がある場合があります。一度や二度ではなく、何度もワックスが塗り重ねられていると、それを落とす作業だけでも多くの手間と時間がかかります。


また、場合によっては追加料金が必要となる場合もありますので、注意が必要です。



ワックスの場合は、取り除くことが出来れば、フロアコーティングをすることは出来ます。

最も問題となるのは、ワックスではなくすでにフロアコーティングが行われている場合です。

施工前に剥離剤を使用したり、やすりなどを使用してコーティング剤を取り除く必要がありますが、ワックスとな異なり落とすことが出来ない物もあります。
またその作業によりフロア自体を傷つけてしまう可能性もあるため、業者によってはコーティングが断られる場合もあります。
どのような状態であるのかをあらかじめ購入するようにしましょう。

ブログが気になる方に必見の情報です。

また、市販されているコーティング剤を使用してから再度業者に依頼しようとすると、トラブルが生じる可能性がありますので、自身で施工を行う場合には十分に注意するようにしましょう。
業者により、対応が異なる場合がありますので、まずは問い合わせてみると良いでしょう。

これからは埼玉のフロアコーティング情報を探しましょう。